上手な活用法

古着の活用法は様々ありますね。今日はどのような活用法があるか、3点お話したいと思います。

 

まずひとつ目の活用法として、古着屋さんなどのリサイクルショップで買い取ってもらうことです。しかし、ここで注意したいことは、単に必要ないからといってすぐに古着をもっていくのではなく、少しでも換金額を増やすために、時期を選んで古着はリサイクルショップに持参するのがよいでしょう。リサイクルショップによっては時期外れの古着の買取金額はほぼないに等しいところもありますからね。

 

リサイクルショップ以外に、宅配買取サービスに査定をお願いするのもいいですね。
送料など完全無料で対応してくれるところが多いので活用してみるといいと思います。

 

ふたつ目の古着の活用法として、募金という感覚でNPOや自冶体などに寄付するという方法があります。この場合、持ち込みであれば送料はかかりませんが、あくまでも寄付なので郵送する場合は送料はこちら負担という場合が多いです。どちらにしろ捨てる予定の古着であるなら、この世の誰かに活用してもらったほうが嬉しいですよね。もちろん、この場合も汗が染みこんだ服や、色あせしているものなど、人に寄付するのですから服の最低品質レベルはクリアすることが相手への思いやりと言えるでしょう。
トップページ

 

知人に譲る

 

最後に、もっとも手っ取り早く古着を処分できる方法として、兄弟姉妹や友人、知人などに古着をあげるという行為です。しかし、これは古着活用法の中でももっとも注意が必要と思われる分類に入るでしょう。理由は、相手の服の嗜好と自分の嗜好とは大半の場合、一致する確立が少ないからです。ですから、子供服ならまだしも、大人に服をあげる場合には予め相手の嗜好に合いそうな服のみを提供するのが最も安全と言えるでしょう。人に自分の古着をあげるときには、予め対象となる服を相手にみせ、そこから着てもらえそうな服のみを選んでもらうのが無難ではないでしょうか。

 

これらは古着の活用法のごく一部です。あなたがどの活用法を選択するにしろ、大切なのは相手の迷惑にならないように、また自分の満足感が増すように、最適な活用法を実践することでしょう。